<< 10周年祭 | main | アンティークフェア in 新宿 >>
スズランの日

病欠で何の役にも立たなかった私に代わり、
スタッフ全員が協力して乗り切った
10周年祭ビンテージリメイク展

節目のイベントに駆けつけてくださった
お客様とともに(たくさんのお祝いありがとうございました)、
頼りになる優秀なスタッフのありがたさが
身に沁みた
感謝、感謝のイベントでした。

ありがとうございました!

やっと
本当に、やっと
体調が戻りつつあります。

ウイルスにやられて
免疫力が弱っているせいか、
あちこちがまだギシギシと痛みます。

おまけに花粉のせいかしら
顔がかゆいのです。
目の辺りがずっと腫れたまま。

ヤダなぁ、ブサイク、、

しかし、
買い付けのための渡仏はすぐそこ。

これ以上
身体にさわらぬよう、
負荷をかけないよう、
だましだまし
ゆるゆると過ごしています。

さあ、月が替わって新緑の5月。

1日は
フランスの「スズラン(ミュゲ)の日」でした。

大切な家族や恋人、友人に
スズランの花を贈りあって、
その人たちの幸せを願うという日です。

その日、パリの街角では
花屋はもちろんのこと
スズラン売りの屋台も出て、
可憐な花束を買い求める客で賑わう。

というのを
昔何かで読んで(たぶん石井好子さんの著書かな)、
なんて素敵な習慣かしら!
一度でいいから、この目で見てみたい!
と請い願っていた私。


するとなんということでしょう。
当日、パリの友人から粋なプレゼントが届きました。
「ミュゲの日」のパリ風景です!

ここから先は
画像とキャプションでお楽しみいただきましょう。

パリのスズラン(ミュゲ)の日

ワンコと一緒にスズランを吟味中のオジサン


パリのおじいさんが売るスズラン

うちのはどれだって新鮮だよ、なんたってブルゴーニュ産だからね


パリのおじいさんが売るスズラン

これなんかどうだい?


パリのおじいさんが売るスズラン

よく見るとこのひと、オジサンじゃなくオバサンだった・・・


パリの街角の花屋

花屋の店先はこんなにカラフル。バラとスズランの組み合わせが人気みたい


パリの街角の花屋

くんくん。うーむ、トレビアンな香り


パリのスズラン屋台

街角にいきなり登場した派手目なスズラン屋台


パリのスズラン屋台

段ボールだけの簡素な屋台。えっとお財布、お財布


スズランを買った男性

家路を急ぐオジサン


スズランを買った女性

家路を急がないオバサン




この風景を私に見せようと
当日、街角を写しまくってくれた友人。

優しい気持ちとフットワークに
十分しあわせのおすそ分けをいただきました。

ひるがえって、
はたして私は
伝えているかしら?
とわが身を反省。


大切なひとには
ありがとうの気持ちを伝えましょう!


スズランの花言葉
「再び幸せが訪れますように」。

by daisystore | 日々のこと | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
by スポンサードリンク | - | 21:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daisystore.jugem.jp/trackback/392
トラックバック
カテゴリー
Furniture
Antique & Collectibles
Handicrafts
Accessories
Vintage paper
Crafters work
Original products

かごの中を見る

ブログ&SNS
Brand-new Ms.Daisy 店主のブログ
facebook
Instagram
実店舗
デイジーストア外観写真
Daisy Store[デイジーストア]
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2-21-10 ANTICA2F
Tel & Fax ⁄ 086-476-0551
Open ⁄ 11:00〜18:00
定休日 ⁄ 火曜日
ショップ情報

このページのトップへ