<< ギフトガーランド展終了 | main | 骨董ジャンボリー出店 >>
赤鼻のトナカイ
今年も
何事もなく平和に
クリスマスが過ぎていった。

夫婦二人で、
格段の御馳走もなく
いつものように食事をし、
主人はビールを呑み、
私も一杯だけお相伴にあずかった。

デザートにシュトーレンを食べたのが
唯一、普段と違うだけである。


静かな、そしてありがたい
クリスマスだった。


この季節になると
思い出すことがある。

赤鼻のトナカイ、のことだ。
 
赤鼻のトナカイ ルドルフ

♪まっかな、お鼻のトナカイさんは〜♪
という、あの歌だ。

あの歌の中に出てくるトナカイの名前が
「ルドルフ」であることを
私は去年まで知らなかった。
 
トナカイのオーナメント

つまり、英語の原曲を
知らなかったのだ。

「赤鼻のトナカイ」の原曲は
「Rudolph The Red-Nosed Reindeer」
である!

北ドイツ、北欧、ロシアあたりの
いかにも寒い国の名前ではないか。

そりゃそうだ、
だってトナカイだもの。
北のほうに決まってる。

ちなみにルドルフはオスである。

英語だと
人称名詞がはっきり指示されているので、
歌詞を読むと明らかだ。
 

歌詞の内容がまた胸を打つ。

ルドルフはいつも赤鼻を笑われ
仲間外れにされていた。

ある霧深いクリスマスイブのこと。
サンタが来て彼に言った。

ルドルフ、おまえの輝く鼻で
私のソリを案内してくれないかい。
、、、、


日本語訳の歌詞が素晴らしいので
そのあたりは、歌を歌ってみてほしい。
歌とともに
ストーリーの全容が明らかになってくるはずだ。

ルドルフの喜びは
いかばかりだったことだろう!

サンタの乗るソリの先頭を
白い鼻息を吐きながら
猛然と引っ張ったに違いない。

雪原を駆け抜けていく
彼の姿が見えるようだ。
 
クリスマスカード

サンタの深い愛情。
それに応えようと懸命に頑張ったルドルフ。

個々人に、あたわったもの、
それこそが、尊い賜物なんだよ。

ということを
歌は教えてくれる。

赤鼻のトナカイ・ルドルフは
こうして全世界に愛される
歴史的なトナカイになった。
 
クリスマスボール

1949年にアメリカで発売以来
ルドルフは
私たちを励まし続けてくれている。

ありがとう、ルドルフ!
by daisystore | 日々のこと | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
by スポンサードリンク | - | 23:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daisystore.jugem.jp/trackback/365
トラックバック
カテゴリー
Furniture
Antique & Collectibles
Handicrafts
Accessories
Vintage paper
Crafters work
Original products

かごの中を見る

ブログ&SNS
Brand-new Ms.Daisy 店主のブログ
facebook
Instagram
実店舗
デイジーストア外観写真
Daisy Store[デイジーストア]
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2-21-10 ANTICA2F
Tel & Fax ⁄ 086-476-0551
Open ⁄ 11:00〜18:00
定休日 ⁄ 火曜日
ショップ情報

このページのトップへ