アンティークフェア in 新宿

フランスから帰ってホッとしたのも束の間、
すぐにアンティークフェア in 新宿です。

5/26(金)〜28(日)
11:00〜18:00 最終日は17:00まで。
小田急第一生命ビル ハイアットリージェンシー東京 スペースセブンイベント会場


アンティークフェアin新宿 2017年5/26(金)〜28(日)


デイジーストアは、
エスカレーターを上がった
抽選会場奥のスペースに
ちっちゃく出ています^ - ^

今回は、買い付けから帰ったばかりなので
新着アイテムも持参しました。

ぜひお立ち寄りくださいね〜


白い芍薬の花


庭の芍薬です。

渡仏前にたくさん蕾をつけていました
ので、留守中に開いてしまって
満開の花姿は拝めないなぁ。
と思っていました。

案の定、見ごろは過ぎ
花びらは散ってしまいましたが、
なんと、たった一輪だけ
蕾が残っていたのです!

私の帰国を待っていたかのように
花を開いて
美しい立ち姿を見せてくれました。

まさに
立てば芍薬、座れば牡丹、
歩く姿は百合の花

の例え通り、
すっくと立った
その姿は
値千両です。

眼福というのは
こういうことを指すのでしょうか。

白く、幾重にも重なった花びらを
今年も目に焼き付けておこうと
思います。

by daisystore | イベント | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0)
スズランの日

病欠で何の役にも立たなかった私に代わり、
スタッフ全員が協力して乗り切った
10周年祭ビンテージリメイク展

節目のイベントに駆けつけてくださった
お客様とともに(たくさんのお祝いありがとうございました)、
頼りになる優秀なスタッフのありがたさが
身に沁みた
感謝、感謝のイベントでした。

ありがとうございました!

やっと
本当に、やっと
体調が戻りつつあります。

ウイルスにやられて
免疫力が弱っているせいか、
あちこちがまだギシギシと痛みます。

おまけに花粉のせいかしら
顔がかゆいのです。
目の辺りがずっと腫れたまま。

ヤダなぁ、ブサイク、、

しかし、
買い付けのための渡仏はすぐそこ。

これ以上
身体にさわらぬよう、
負荷をかけないよう、
だましだまし
ゆるゆると過ごしています。

さあ、月が替わって新緑の5月。

1日は
フランスの「スズラン(ミュゲ)の日」でした。

大切な家族や恋人、友人に
スズランの花を贈りあって、
その人たちの幸せを願うという日です。

その日、パリの街角では
花屋はもちろんのこと
スズラン売りの屋台も出て、
可憐な花束を買い求める客で賑わう。

というのを
昔何かで読んで(たぶん石井好子さんの著書かな)、
なんて素敵な習慣かしら!
一度でいいから、この目で見てみたい!
と請い願っていた私。


するとなんということでしょう。
当日、パリの友人から粋なプレゼントが届きました。
「ミュゲの日」のパリ風景です!

ここから先は
画像とキャプションでお楽しみいただきましょう。

パリのスズラン(ミュゲ)の日

ワンコと一緒にスズランを吟味中のオジサン


パリのおじいさんが売るスズラン

うちのはどれだって新鮮だよ、なんたってブルゴーニュ産だからね


パリのおじいさんが売るスズラン

これなんかどうだい?


パリのおじいさんが売るスズラン

よく見るとこのひと、オジサンじゃなくオバサンだった・・・


パリの街角の花屋

花屋の店先はこんなにカラフル。バラとスズランの組み合わせが人気みたい


パリの街角の花屋

くんくん。うーむ、トレビアンな香り


パリのスズラン屋台

街角にいきなり登場した派手目なスズラン屋台


パリのスズラン屋台

段ボールだけの簡素な屋台。えっとお財布、お財布


スズランを買った男性

家路を急ぐオジサン


スズランを買った女性

家路を急がないオバサン




この風景を私に見せようと
当日、街角を写しまくってくれた友人。

優しい気持ちとフットワークに
十分しあわせのおすそ分けをいただきました。

ひるがえって、
はたして私は
伝えているかしら?
とわが身を反省。


大切なひとには
ありがとうの気持ちを伝えましょう!


スズランの花言葉
「再び幸せが訪れますように」。

by daisystore | 日々のこと | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0)
10周年祭

すっかりご無沙汰してしまいました。
皆さまお代わりありませんか?

私のほうはというと
まぁ、日にちがたつのが
早いこと、早いこと!

先だってまで
確定申告の税務資料づくりに忙殺され、
初の取り組みでドキドキだった
デイジー蚤の市」が終わり、
最後の開催となった
「おかやま骨董アンティーク市」を
無事終えて、やれやれ。
と思ったのが、ついこのあいだ。

夢中で毎日を過ごしているうちに
季節はすっかり春になっていました。

お花見に行く余裕は
ありませんでしたが、
通勤路にある病院の桜を見るのは楽しみでした。

今年は
重いほど花びらを重ねた
まさに満開という美しい姿が見られたのは
シアワセでしたね!


さて、春爛漫の19日から
デイジーストアでは10周年祭を開催いたします。

詳細は以下の通りです。

2017年4月19日(水)〜24日(月)10th Anniversary Fair(Daisy Store 10周年祭)

2017年4月19日(水)〜24日(月)10th Anniversary Fair(Daisy Store 10周年祭)

↑画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。



今回のウリは
ビンテージ素材を使った
作家5人の作品展示です。


◆ビンテージリメイク展
古い布、レース、ボタン、ビーズ……
時代を経て味わいの増した素材を使って
世界でたった一つのバッグ、小物、アクセサリーに
リメイクする作家5人の素敵な作品を
展示販売いたします。


glycine ドール小物
la fillette 草木染花
mamyu アクセサリー
Partina de coron アクセサリー、布小物
作作堂 バッグ、アクセサリー


Partina de coronさんのバッグ

Partina de coronさんのアクセサリー

Partina de coron



mamyuさんのピアス

mamyu



glycineさんのブライス用ヘッドアクセサリー

glycineさんのヘッドアクセサリー

glycineさんの人形用ブローチ

glycine



la filletteさんのバッグ

la fillette



作作堂さんのアクセサリー

作作堂さんのバッグ

作作堂



それぞれの作家が
オリジナリティーにあふれた
ビンテージリメイク作品を作ってくださっていますよ。


これらは、ほんの一部です。


実際は
ぜひ店頭でお確かめになってくださいね!


最後に耳よりなお知らせが一つ。

アンティーク商品2000円以上お買い上げの方、先着30名様に
Daisy Storeオリジナルのマスキングテープをプレゼント!


10周年祭に合わせて製作した
デイジーストアオリジナルのマスキングテープです。

あなたも、
ぜひゲットしてくださいね!

お待ちしています(*'▽')

by daisystore | イベント | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0)
東京出張終了

骨董ジャンボリーの後、引き続き東京国際キルトフェスティバルに出店したため、今回の東京出張は過去最高の長期に渡りました。

いま全ての行程を無事終え、羽田空港行きのリムジンバスを待っているところです。

 

東京ドームホテル

 


2つのイベント会場を、スーツケースとパソコンバッグを持って移動する際、あまりの階段の多さに死ぬ思いをしたので、もう電車はゴリゴリ!

毎晩、痛めた腕に鎮痛剤入りクリームをすり込み、腰に湿布を貼って耐えしのいだのでした。

帰りはなんとかリムジンバスでと思い、調べたところ、ありました^ - ^

東京ドームホテルです。

早速予約して、事前に泊まっているホテルからの経路の下見に行きました。とにかくスロープです。バリアフリーです。

うむ、ここを通るといいんだな。

階段を使わないですむ経路を確保しました。
やった!ビクトリー!



キルトフェスは、毎日数万人が来場されるというメガイベントです。

 

国際キルトフェスティバル ブティ作品

国際キルトフェスティバル ブティ作品

国際キルトフェスティバル ブティ作品

 


ピーク時は、広い通路が人、人、人で埋まり、見えるのは頭ばかりという混雑ぶり。エアコンで乾燥しているせいか、静電気が異様に起こります。

すれ違った人の服が触れるとパチッ、ありがとうございましたとお金を受け取るとパチッ。
アッ、ウッ、キャッ!
の連続です。

お客様の平均年齢は70歳くらい。杖持ってる率、高いです(๑˃̵ᴗ˂̵)

国際キルトフェスティバルという通り、韓国、中国、ヨーロッパ各地からのお客様も多く、インターナショナルですね〜

past timeさんと合同で出している、わがG17ブースにも、昨年来てくださった韓国の方の再訪や、ロシアの方のお買い上げもありました。

 

国際キルトフェスティバル past timeさんと合同のデイジーストアブース

国際キルトフェスティバル デイジーストアブース

 



しかし、中心はなんといっても、ご高齢のオバサマがたです( ̄▽ ̄)
日本人です。

スタンド席で休憩するたびに珍風景を目にしたり、漫談のようなやりとりを聞くのが、私の密かな楽しみでした。

 

国際キルトフェスティバル スタンド席

 



オジサマは少ないです。

ある日のスタンド席で、後ろのご夫婦と思われる二人連れの会話。

「男は少ないな。30人に1人くらいか、、」
「もっと少ないんじゃないの?」
「む、50人に1人くらいっか」



「ふふ、、、、モテるな、、、だけど年寄りばっかだ、、、」


オジサマ、残念そうでした。



スタジャン&ハイソックス姿のキーコーヒーのお姉さんから、コーヒーを買うのも楽しみでした。

私たちは、ひそかに「乳搾りコーヒー」と呼んでいて、なぜって、胸の前にかかえた2つのポットからジャーッとカップにコーヒーを注いでくれるんです。

若くて平衡感覚に優れた彼女たちは、あんなに重いポットと小道具一式を物ともせず、器用に売り歩くのです。

私は、そんな彼女たちに敬意を表して(ウソウソ、単にコーヒー好きなだけ)、いれば必ず呼び止め、この乳搾りコーヒーを買っていました。

そんな、王道から外れたところに楽しみを見いだしていたキルトフェスは、おかげさまで盛況のうちに幕を閉じました。

ご来場いただいたお客様、関係者の皆さま、
ありがとうございました。
差し入れを持って来てくれた友人、ヘルプに駆けつけてくれた県外スタッフ、ありがとう!

ブースをシェアしているpast timeさんには、今回も本当に良くしていただきました。

最終日には、並ばないと買えない評判のガトーショコラをプレゼントしてもらい、幸せな気持ちでいっぱいになりました。
ありがとう!

また来年お会いしましょう!

by daisystore | イベント | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0)
2016年から2017年へ!

皆さまこんばんは。

きょうは大晦日です。
2016年もあと数時間になりました。

年末の「ギフトガーランド展」と
「年賀飾り展」は無事終了しました。

ギフトガーランド展の様子

ギフトガーランド展の様子



ご来店いただいたお客様、
作品を出展してくださった作家の皆さま、
ありがとうございました。

年賀飾り展



おかげさまで
充実した年の瀬を迎えることができました。
心よりお礼申し上げます。

頑張ってくれたスタッフにも
感謝の気もちでいっぱいです。
みんなありがとう!


いま、デイジーストアは
次のイベントに向けて
束の間の休息
といったところでしょうか。



さて、2017年。


次のイベントはコレです!!


フランスアンティーク新着フェア 2017年1月4日(水)〜9日(月)

フランスアンティーク新着フェア 2017年1月4日(水)〜9日(月)

↑画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます。



初売りを兼ねて
行うことになりました。

実は、いまも準備している最中です(*_*;

果てしない道なれど
いえいえ負けませぬゾ。


皆さまにおかれましては
新年の爽やかな笑顔で
阿智神社に初詣された後
ぜひともお立ち寄りいただけたらと思います。

スタッフ一同
皆さまに負けないような
ピースフルな笑顔で
お待ち申しております。


それでは
良いお年を!

by daisystore | イベント | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/78PAGES | >>
カテゴリー
Furniture
Antique & Collectibles
Handicrafts
Accessories
Vintage paper
Crafters work
Original products

かごの中を見る

ブログ&SNS
Brand-new Ms.Daisy 店主のブログ
facebook
Instagram
実店舗
デイジーストア外観写真
Daisy Store[デイジーストア]
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2-21-10 ANTICA2F
Tel & Fax ⁄ 086-476-0551
Open ⁄ 11:00〜18:00
定休日 ⁄ 火曜日
ショップ情報

このページのトップへ